So-net無料ブログ作成
検索選択

<小沢幹事長>再び不起訴処分、検察審が第2段階の審査へ(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部は21日、東京第5検察審査会が「起訴相当」と議決した小沢氏を改めて容疑不十分で不起訴処分としたと発表した。同審査会が第2段階の審査を行い、11人中8人以上が再び起訴すべきだと判断すると、小沢氏は裁判所が指定する弁護士によって強制的に起訴されることになる。

 議決後の再捜査で、特捜部は小沢氏本人と衆院議員、石川知裕被告(36)ら3人の元秘書から改めて事情を聴いた。しかし、小沢氏の指示などを裏付ける新たな供述は得られなかったため、元秘書らとの共謀を認定することはできないと判断した。

【関連ニュース
陸山会事件:小沢氏21日不起訴
陸山会事件:小沢氏再び不起訴へ 新証言は得られず
陸山会事件:石川議員を任意聴取 小沢氏の関与改めて否定
小沢氏:特捜再聴取 元秘書らの供述確認中心に50問
民主・山岡氏:「小沢氏は不起訴」

民主・小沢幹事長、再び不起訴…東京地検(読売新聞)
<明石殺人>大学1年の三男を指名手配(毎日新聞)
<小惑星探査機>「はやぶさ」地球撮影 6月帰還、故郷目前(毎日新聞)
パロマ元社長ら有罪確定へ=一審有罪、控訴しない方針(時事通信)
事業仕分け後半戦スタート 塩供給業務は見直し(産経新聞)

<囲碁>羽根、逆転勝ち 本因戦第1局(毎日新聞)

 北海道小樽市のグランドパーク小樽で11日から行われた第65期本因坊決定戦七番勝負(毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第1局は12日午後8時22分、297手で羽根直樹本因坊(33)が挑戦者の山下敬吾天元(31)に黒番3目半勝ちした。残り時間は両者2分。第2局は26、27の両日、福岡県久留米市のふかほり邸で行われる。

 羽根が持ち前の粘りで逆転勝ち。3連覇に向けて好発進した。

 羽根は黒75と白の大石に厳しく迫った。山下はさばきながら白90と下辺の黒に踏み込む。戦いは白118までで一段落。黒121から寄せ勝負に入った。

 その直後、白122が狙いを秘めていた。黒125に対し、白126から128がカウンターパンチ。羽根は黒129と反発したが、山下が黒125以下の石を大きく取り込んで勝勢となった。

 しかし、羽根は黒143と勝負手を放ち、死活が絡む乱戦に持ち込む。そして、大きなフリカワリで勝利をつかんだ。【金沢盛栄】

【関連ニュース
囲碁:羽根、白大石に迫る 本因坊戦第1局
囲碁:羽根VS山下、両者得意の布石 本因坊戦開幕
囲碁:本因坊決定戦第1局 11日から北海道小樽市で
囲碁:アジア大会へプロ棋士派遣
囲碁:早慶、15回の授業で単位取得

若葉の季節も魅力満喫 奈良・吉野「歌藤」(産経新聞)
マンション火災、隣接小で避難騒ぎ 大阪・東成(産経新聞)
民主議員発言で米側混乱 「地元賛成」とウソ 政府断念の伊江島案(産経新聞)
不審火、バイクなど4台焼く 大阪(産経新聞)
現行のまん延防止策徹底を=口蹄疫で赤松農水相(時事通信)

アカヤシオ ピンクの大波…三重・御在所岳(毎日新聞)

 三重県菰野町の御在所岳(1212メートル)の頂上付近一帯が、ツツジの一種「アカヤシオ」の花でピンクに染まっている。

 ふもとから山上へのロープウエーを運営する御在所ロープウエイによると、今年は4月中旬に中腹で開花し、“ピンクの花前線”が山頂に向かって上がり始めたが、下旬に冷え込んだため8合目(1000メートル)辺りで一時足止めとなった。このため山頂付近への到達は例年より1週間ほど遅れたという。

 見ごろは今月半ばまでで、その後、純白のシロヤシオが咲き始める。【井上章】

【関連ニュース
ビタミンGウオーキング:花めで眺望満喫 御在所岳2680メートルのコース /三重
企画展:著書や絵、写真で作家・岡野薫子さん紹介−−菰野町図書館 /三重
憂楽帳:山小屋再び

走行音装置付けたEV体験=視覚障害者「車いるの分かった」−国交省(時事通信)
<JR埼京線>新宿駅で男性はねられ死亡 約2万人に影響(毎日新聞)
【あすの「新報道2001」】(産経新聞)
もんじゅ 運転再開 火災から14年ぶり(毎日新聞)
としまえん「フライングカーペット」で少年転落(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。