So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

損保ジャパン代理店、元従業員逮捕=保険料3億5000万円着服か―愛知県警(時事通信)

 損害保険ジャパン(本社東京)の元代理店従業員が顧客から預かった保険料を着服したとして、愛知県警江南署などは8日、業務上横領容疑で、同社子会社「ジャパン保険サービス」岐阜支店の元従業員尾関宣伸容疑者(58)=岐阜県各務原市川島松倉町=を逮捕した。同署によると、容疑を認めているという。
 損保ジャパンによると、尾関容疑者は顧客82人から集めた保険料総額約3億5000万円を着服した疑いが持たれているという。県警江南署が裏付けを進めるとともに、使途などについて調べている。 

【関連ニュース】
県職員が130万円着服=職員親睦会の口座から
顧客預金1000万円着服=元山梨県民信組職員を逮捕
現、元警官2人書類送検へ=放置車両業者に横流し
元みなと銀行支店長に有罪判決=融資金3億3000万円横領
インサイダーなら永久追放=法令順守徹底へ

エジプト エジプト・日本科学技術大学が開校(毎日新聞)
<掘り出しニュース>震度7にもビクともしない「耐震墓石」完成(毎日新聞)
県立受験やめれば合格=帝京五高、受験生に打診―愛媛(時事通信)
満州建国大学 全国同窓会に幕 東京のホテルで開催(毎日新聞)
仕事中と寝ているときの、携帯電話の距離(Business Media 誠)

ギネスに挑戦!2500mの流しそうめん(読売新聞)

 6月13日に岐阜県御嵩町で行う「第27回みたけの森ささゆりまつり」(同実行委員会主催)で、2500メートルの流しそうめんでギネス記録に挑戦することが決まり、実行委のメンバーら約20人が29日、同町のみたけの森で、そうめんを流す竹製の流し台作りに汗を流した。

 流しそうめんは、山頂の展望台付近を起点に、管理棟付近までのハイキングコース沿いに、森(約2ヘクタール)の竹林から切り出した長さ5メートル前後の竹を、約500本つなぎ合わせる。

 この日は、間伐した木の枝などで作った支柱に竹を乗せ、そうめんが流れるように高低差をつけた竹製の流し台約1500メートルが出来上がり、水を流すテストも行った。

 まつりでは、ギネス挑戦とは別に、食事ができる流しそうめんコーナーも設けるほか、ミニSL走行やマスのつかみどりなど盛りだくさんのイベントも準備する。町まちづくり課の栗谷本真さんは、「自生するササユリ1万本が、満開のなか、2500メートルもの流しそうめんを、間近に見てみませんか」とPRしていた。

3歳長男に暴行、20歳母逮捕=夫が昨年から相談―静岡県警(時事通信)
SS船長初公判 笑顔を浮かべる余裕も 入廷のベスーン被告(産経新聞)
普天間最終決定先送りか、夕方予定の会見延期(読売新聞)
中山太郎元外相、自民に離党届提出(読売新聞)
「岡本ホテル」 預託金数億円が使途不明 出資法違反容疑で捜索(産経新聞)

<小沢幹事長>再び不起訴処分、検察審が第2段階の審査へ(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部は21日、東京第5検察審査会が「起訴相当」と議決した小沢氏を改めて容疑不十分で不起訴処分としたと発表した。同審査会が第2段階の審査を行い、11人中8人以上が再び起訴すべきだと判断すると、小沢氏は裁判所が指定する弁護士によって強制的に起訴されることになる。

 議決後の再捜査で、特捜部は小沢氏本人と衆院議員、石川知裕被告(36)ら3人の元秘書から改めて事情を聴いた。しかし、小沢氏の指示などを裏付ける新たな供述は得られなかったため、元秘書らとの共謀を認定することはできないと判断した。

【関連ニュース】
陸山会事件:小沢氏21日不起訴
陸山会事件:小沢氏再び不起訴へ 新証言は得られず
陸山会事件:石川議員を任意聴取 小沢氏の関与改めて否定
小沢氏:特捜再聴取 元秘書らの供述確認中心に50問
民主・山岡氏:「小沢氏は不起訴」

民主・小沢幹事長、再び不起訴…東京地検(読売新聞)
<明石殺人>大学1年の三男を指名手配(毎日新聞)
<小惑星探査機>「はやぶさ」地球撮影 6月帰還、故郷目前(毎日新聞)
パロマ元社長ら有罪確定へ=一審有罪、控訴しない方針(時事通信)
事業仕分け後半戦スタート 塩供給業務は見直し(産経新聞)

<囲碁>羽根、逆転勝ち 本因戦第1局(毎日新聞)

 北海道小樽市のグランドパーク小樽で11日から行われた第65期本因坊決定戦七番勝負(毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第1局は12日午後8時22分、297手で羽根直樹本因坊(33)が挑戦者の山下敬吾天元(31)に黒番3目半勝ちした。残り時間は両者2分。第2局は26、27の両日、福岡県久留米市のふかほり邸で行われる。

 羽根が持ち前の粘りで逆転勝ち。3連覇に向けて好発進した。

 羽根は黒75と白の大石に厳しく迫った。山下はさばきながら白90と下辺の黒に踏み込む。戦いは白118までで一段落。黒121から寄せ勝負に入った。

 その直後、白122が狙いを秘めていた。黒125に対し、白126から128がカウンターパンチ。羽根は黒129と反発したが、山下が黒125以下の石を大きく取り込んで勝勢となった。

 しかし、羽根は黒143と勝負手を放ち、死活が絡む乱戦に持ち込む。そして、大きなフリカワリで勝利をつかんだ。【金沢盛栄】

【関連ニュース】
囲碁:羽根、白大石に迫る 本因坊戦第1局
囲碁:羽根VS山下、両者得意の布石 本因坊戦開幕
囲碁:本因坊決定戦第1局 11日から北海道小樽市で
囲碁:アジア大会へプロ棋士派遣
囲碁:早慶、15回の授業で単位取得

若葉の季節も魅力満喫 奈良・吉野「歌藤」(産経新聞)
マンション火災、隣接小で避難騒ぎ 大阪・東成(産経新聞)
民主議員発言で米側混乱 「地元賛成」とウソ 政府断念の伊江島案(産経新聞)
不審火、バイクなど4台焼く 大阪(産経新聞)
現行のまん延防止策徹底を=口蹄疫で赤松農水相(時事通信)

アカヤシオ ピンクの大波…三重・御在所岳(毎日新聞)

 三重県菰野町の御在所岳(1212メートル)の頂上付近一帯が、ツツジの一種「アカヤシオ」の花でピンクに染まっている。

 ふもとから山上へのロープウエーを運営する御在所ロープウエイによると、今年は4月中旬に中腹で開花し、“ピンクの花前線”が山頂に向かって上がり始めたが、下旬に冷え込んだため8合目(1000メートル)辺りで一時足止めとなった。このため山頂付近への到達は例年より1週間ほど遅れたという。

 見ごろは今月半ばまでで、その後、純白のシロヤシオが咲き始める。【井上章】

【関連ニュース】
ビタミンGウオーキング:花めで眺望満喫 御在所岳2680メートルのコース /三重
企画展:著書や絵、写真で作家・岡野薫子さん紹介−−菰野町図書館 /三重
憂楽帳:山小屋再び

走行音装置付けたEV体験=視覚障害者「車いるの分かった」−国交省(時事通信)
<JR埼京線>新宿駅で男性はねられ死亡 約2万人に影響(毎日新聞)
【あすの「新報道2001」】(産経新聞)
もんじゅ 運転再開 火災から14年ぶり(毎日新聞)
としまえん「フライングカーペット」で少年転落(読売新聞)

<文科省>情報通信技術活用した教育推進 懇談会が初会合(毎日新聞)

 文部科学省は22日、デジタル教科書や電子黒板などのICT(情報通信技術)を活用した教育を推進するため有識者と意見交換する「学校教育の情報化に関する懇談会」(座長、安西祐一郎・慶応大教授)の初会合を開いた。教育の情報化ビジョン策定を目指し、夏までに中間的な方針を出す予定。

 小学校長や自治体首長、教科書会社社員ら22人がメンバーで、分かりやすい授業や児童生徒の情報活用能力の向上、教職員の事務負担軽減が主な論点。

 この日は、「電子黒板は子供の興味関心をひきつけた」と導入効果が紹介された。一方、「ICTが苦手な先生にとっては負担。先生の格差が子供の学力格差にならないか心配」「先生は多忙で、すぐ役立つ機器でないと使いこなせない」「デジタル教科書は成長戦略としても注目すべきだ」などの意見が出された。

【関連ニュース】
大学:審議会に11年度10校の設置認可を諮問 文科省
原子力副読本:小中学生に配布 エネ庁と文科省
ファイル:内政・外交・安保 文科省が「熟議カケアイ」開設
高校無償化:特設電話を開設−−文科省
児童虐待:厚労省と文科省が指針策定

地下は雨水調整池 区立公園開園(産経新聞)
参院千葉に水野前議員=21日に出馬要請−みんなの党(時事通信)
鶴岡八幡宮の大イチョウ、移植の幹から芽(読売新聞)
「ポスト盗まれた」長男110番=家族も通報、対立深まる−一家5人殺傷・愛知県警(時事通信)
<質問なるほドリ>アジア大会新種目、なぜ囲碁が選ばれたの?(毎日新聞)

精神医学 裁判員向け初の用語集出版(毎日新聞)

 裁判員裁判で被告の責任能力が争われた場合などに使われる難解な精神医学用語を易しく解説しようと、日本司法精神医学会(中島豊爾理事長、約530人)は「だれでもわかる精神医学用語集 裁判員制度のために」(1000円)を出版した。裁判員向けの精神医学解説書の出版は初の試みという。【伊藤直孝】

 編集グループの代表は裁判員裁判での証言経験もある五十嵐禎人(よしと)千葉大教授(46)。07年、裁判員制度導入に向けた同大と千葉地裁の研究会で、裁判官から「精神鑑定の用語が分かりにくい」と指摘されたのがきっかけ。裁判官や検察官に意見を聞いて基本的な用語や分かりにくい用語を選び、「うつ病」「統合失調症」など約500の専門用語を解説した。

 刑事裁判では被告が「心神喪失」なら無罪になり、「心神耗弱」なら刑が減軽される。用語集では心神喪失を「自分の行為が善いか悪いか分からない人。あるいは分かっているが行為をやめることができない人」、心神耗弱は「その判断能力が著しく低下した人」と説明している。

 「薬物依存」と「薬物中毒」の違いについては「依存は体内に薬物があるかないかにかかわらず、やめられなくなっている状態。中毒は薬物が体内にあって害を及ぼしている状態」と紹介した。

 五十嵐教授は「病気の違いを一般市民に理解してもらうのは難しく、どうしても専門用語が多くなる。用語集で多少の予備知識を持ってもらえれば、一般市民から選ばれる裁判員の理解も進むはず。法律家には専門用語の言い換えの実例として参考にしてほしい」と話している。

 問い合わせは民事法研究会(03・5798・7277)。

【関連ニュース】
裁判員裁判:強姦致傷事件で厳罰化傾向 実施状況を公表
警官発砲:男性死亡 警察官2人を付審判と決定 奈良地裁
容疑変更:被害者に配慮「強姦」に 大分県警
2歳長男虐待死:母親に懲役7年の実刑判決 東京地裁
裁判員裁判:強姦致傷に厳罰傾向 実施状況を公表

<シカに洋弓矢>「食パンでおびき寄せた」稲垣容疑者(毎日新聞)
九州電力設備に車突っ込む、長崎中心部で停電(読売新聞)
前長崎市長銃撃 献花台前に冥福祈る…事件から3年(毎日新聞)
中国艦隊10隻が沖縄近海通過=潜水艦2隻、浮上航行−動向を注視・防衛省(時事通信)
民主鹿児島県連、徳之島移設案の白紙撤回要請へ 普天間移設問題(産経新聞)

<チリ大地震>中部沿岸部で津波4時間以上 早大調査で確認(毎日新聞)

 2月末のチリ大地震の際、同国中部の沿岸部で局所的に4時間以上津波が繰り返し押し寄せたことを、早稲田大の柴山知也教授(海岸工学)らが現地調査で確認した。津波が海岸線付近の浅い海域で反射を繰り返したことが原因という。14日、早大で記者会見した。

 柴山教授らは今月2〜11日、震源に近いチリ中部の沿岸で津波被害を調査した。大きな被害が出たコンスティトゥシオン南方の港町ジーコでは約4時間にわたって津波が押し寄せた。その間に最大約6メートルを含む大きな津波が計3回観測されたほか、その最後の津波が町を最も破壊したとの証言があった。他の町でも規模と周期は異なるものの津波が4時間以上続いていた。

 津波は浅い海域の深さ約35キロ地点を震源とする地震で発生した。津波が海岸で反射した後も拡散することなく反射を繰り返したのは、海底の傾斜が緩い大陸棚が発達した沿岸の地形的な特徴によるという。柴山教授は「国内でも津波は連続して起きうる。特に港湾内では顕著に反射を繰り返す。第1波が小さいからといって第2波も小さいとは限らず注意が必要だ」と警告する。【八田浩輔】

【関連ニュース】
チリ津波:地上職員避難で旅客機が立ち往生 仙台空港で
チリ大地震:津波に6割避難せず…内閣府など調査
ユネスコ:耐震補強法を世界で共有 情報網を構築
チリ津波:気象庁の対応、「適切」6割 東大地震研調査
気象庁:チリ津波「過大」発言…長官は「おわび不要」

略称「日本」波紋 規定なし「たちあがれ」に「新党日本」不快感(産経新聞)
「男性に振られて誰でもいいから傷つけたかった…」 通行人切りつけた女性を逮捕(産経新聞)
新設顧問に権限移管=元常務理事、現金受領継続目的か−家具厚生年金基金汚職(時事通信)
25日に拉致救出集会 拉致議連が確認(産経新聞)
1億2千万円脱税でビル管理会社社長を告発 東京国税局(産経新聞)

米子のカッパロードに河童の三平像 鳥取(産経新聞)

 地域に伝わるカッパ伝説を起爆剤に、住民らがまちづくりを進める鳥取県米子市の旧加茂川沿いに6日、人気漫画家、水木しげるさんの作品「河童(かっぱ)の三平」をモチーフにしたセメント像がお目見えした。

 像は高さ約1・2メートル。作品に登場するカッパに似ている三平とカッパの寛平が仲良くスイカを食べている姿を形にした像で、緑や青色のカラフルな塗装が施されている。

 水木さんは隣接する同県境港市の出身だが、米子とも縁が深いことから水木プロダクション(東京)が像の製作費を寄贈した。

 水木プロによると、河童の三平の物語は、若いころの水木さんが幼い姪(めい)の桑谷啓子さんに聞かせた内容がベース。遊び好きのカッパ「加茂坊」にまつわる伝説がある同川沿いは、桑谷さんの夫で水木プロ中国支部長を務める迪幸さんが育った地域で、水木さんの母、故・武良琴江さんの生家もある。

 米子市では、地元住民らでつくる「笑い通り協議会」が、古い商家などが残る同川沿いの地域をカッパのセメント像が並ぶ「カッパロード」にしようという計画を推進。昨年8月には加茂坊と次男の像、12月には妻と長男、長女の像がつくられた。

【関連記事】
ゲゲゲの先生も認定、本場“妖怪村”に「妖怪屋敷」
遠野物語100周年キャラ愛称 「かたるくん」に決定
水質改善で再び川に 鳥取・米子でカッパ家族像の除幕式
【ふるさと便り】「うしくかっぱ祭り」始まる
水木さんが新作紙芝居 鬼太郎が大山で活躍 鳥取・境港
「中国内陸部の資源事情とは…?」

進次郎氏も三原じゅん子を歓迎「しごきはボディーに」(スポーツ報知)
首相動静(4月6日)(時事通信)
<虐待>3歳児重体 暴行容疑で母を逮捕 博多(毎日新聞)
日米首脳、夕食会で隣席へ=核安保サミット(時事通信)
<パワハラ>部下男性に「事務長が退職強要」 北海道千歳高(毎日新聞)

普天間で結束確認=社民(時事通信)

 社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)、又市征治副党首、阿部知子政審会長ら幹部は6日夜、都内で会合を開き、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について、結束して対応していくことを確認した。
 会合後、福島氏は「気持ちを合わせて頑張ろうということだ。社民党の主張は米領グアム、(米自治領北マリアナ諸島の)テニアン移設とはっきりしている」と記者団に述べた。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

若林元農相 議員辞職願を参院議長に提出(毎日新聞)
総務省、「SIMロック」解除へ=携帯4社と合意(時事通信)
<検察審査会>PRのDVD制作 最高裁(毎日新聞)
関東に強風、欠航相次ぐ=気象庁が警戒呼び掛け(時事通信)
今後チャレンジしたい運動は「ウォーキング」(産経新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。